2回目の脱毛は最初とどう違う?施術内容や効果、気になる痛みなど

水着の女性4

レーザー脱毛は高い効果が期待できる脱毛方法です。しかし、キレイに脱毛するには何回か通う必要があります。施術に慣れてくればスムーズに受けることができますが、2回目の脱毛はまだ分からないことが多く、不安に感じている方も少なくありません。

そこで今回は、2回目の脱毛について、1回目と違う点、施術内容や効果など、気になる疑問をまとめて解説します。

2回目の脱毛をするタイミング

脱毛13

2回目の施術で困るのが、施術のタイミングです。1回目の施術後、新しく毛が生えそろってから2回目の施術を受けることになります。毛が生え揃うには個人差がありますが、ベストなタイミングが2ヶ月から3ヶ月後です。

予約を入れるタイミングは、1回目の施術が終わってからすぐがおすすめです。期間が迫ると予約がいっぱいになり自分の都合のいい日にちに施術が受けにくくなってしまいます。場合によっては3ヶ月以降まで待たなければなりません。

脱毛完了までには時間がかかりますが、なるべく早く施術を終わらせたいのであれば、計画的に予約を入れるようにしましょう。施術希望者が多くなるのが夏場です。夏場は肌の露出が多くなり、ムダ毛が気になる季節です。

また、夏場は長期休暇の学生が施術を受けるパターンが多くなり、更に予約が取りにくくなると予測されます。2回目が夏場に差し掛かる場合、1回目の施術が終わったらすぐに予約を入れるようにしましょう。次回の予約はインターネットや電話、直接来店で入れることができますが、施術後にその場で入れることも可能です。

1回目の施術を受ける前に、2か月後から3か月後を目安に、2回目の施術の目途を立てておきましょう。2回目の予約で気を付けたいのが、早すぎる予約と遅すぎる予約です。早すぎる予約は、毛がまだ十分に生えそろっていない状態での施術になるので、その回で得られる効果は少なくなってしまいます。

1回目の施術は範囲が広く、残っている毛も多く見られます。このため毛が生え揃ったと思ってしまいますが、焦って施術を受けても効果は期待できないでしょう。遅すぎる予約は、中途半端に毛が生えた状態が長くなってしまうので、生えてきたムダ毛が気になってしまいファッションにも気を使ってしまいます。

ストレスを無くしスムーズに施術をしたいのであれば、提示されたスケジュールに従い施術を受けましょう。

2回目の脱毛は1回目より痛い?

2回目の脱毛で気になるのが痛みです。1回目の施術で思ったより痛みが大きかったという方はより心配な部分でしょう。これは個人差があり、1回目より痛くなかったという方も居れば、2回目の方が痛かったという方も居ます。

1回目より痛くなかったという方は、痛みに慣れたと考えられます。どの程度の痛みか事前に知ることで、2回目の施術は痛みを感じにくいというケースもあるのです。また、1回目で痛いと感じた場合、事前に申告しておくことでレーザーの出力を抑えてもらう、麻酔を利用するなどの対応ができます。

これらの対応により2回目は痛くないという感想を持つ方も居ます。一方で、2回目の施術の方が痛いと感じる方も居ます。これは、1回目よりレーザーの出力が上がったことが大きな原因として考えられます。エステやクリニックにより対応は異なりますが、一般的にレーザー脱毛は回数を重ねるごとに出力を徐々に上げていきます。

一気に上げることはありませんが、少し出力が上がっただけで痛い、と感じる方は少なくないのです。出力を上げる理由は、2回目の毛が細くなっているためです。施術を受けた効果ですが、このような細い毛をしっかり脱毛するには出力を上げる必要があります。

基本的には出力を上げる際にスタッフから一言説明がありますが、気になる場合は事前に聞いておきましょう。

2回目の脱毛効果

2回目の施術が1回目と最も異なるのが、効果を実感し始めるという点です。レーザー脱毛は毛根を破壊して、毛が自然に抜けるようにするというメカニズムで脱毛をします。このため、施術直後は効果があまり実感できない方も多くいます。

しかし、2回目になると全体の20%から40%ほど脱毛処理ができ、目に見えて効果を実感するという方が増えてきます。場合によっては半分以上脱毛できることもあるのです。特に効果を実感できるのが、ワキやデリケートゾーンなど、毛が濃く密集している部分です。

目に見えて効果が実感できるのが、1回目と2回目の大きな違いと言えるでしょう。

2回目の脱毛施術後の経過観察

脱毛17

2回目の施術を受けた後、どのような経過を辿るか、この点も気になる部分です。基本的には1回目の施術と変わりません。施術後に効果を実感できる場合が多いという点は異なりますが、経過観察に劇的な変化がある、というものではないので、安心して施術を受けてください。

ただし、施術後は肌が敏感になっているので、保湿ケアなどアフターケアは忘れずにしっかりと行い、次回の施術に備えましょう。期間が開くのでこの間に夏場に差し掛かり、肌が紫外線に当たるというケースも出てきます。

紫外線に当たった肌は施術できないと診断される可能性が高いので、紫外線対策はしっかりと行いましょう。1回目と異なる点を挙げるとすると、ムダ毛が生えてくるまでの期間が長くなる、という点です。毛が生えてくるまでの時間には個人差がありますが、多くの方は生えてくるまで時間がかかると感じるケースが多く、この点で脱毛効果を実感することも多いようです。

ただし、あまりにも遅い場合、次回の施術で毛が生え揃っていない状態になってしまうので、クリニック側と相談して次回の施術日を決めましょう。

希望すればレーザーの出力を下げてくれる

1回目の施術で痛みが大きかった場合、2回目の施術では痛みに関する希望を言えば何かしらの提案をしてくれます。痛みを軽減する方法にはいくつかあり、その一つがレーザーの出力を下げるというものです。痛みはレーザーの出力の高さにより異なってきます。

低くすれば痛みはその分減りますが、比例して効果も少なくなってしまいます。出力を下げて欲しいという希望であれば基本的に断られることはないので、効果が減るというデメリットを理解したのであればこちらの希望をはっきりと言伝えましょう。

逆に、出力を上げて欲しいという要望は断られることが多いです。出力はクリニック側がベストと判断したもので、出力を上げるとその分肌に負担がかかります。余計な肌トラブルを避けるためにも、施術者の要望で出力を上げることはあまりないと見ておきましょう。